月に200万円稼いで判ったこと。やっぱり自分の問題の9割はお金で解決する

以前、自分の問題の9割はお金で解決する、
という記事を書きました。

実は、ぼくは1ヶ月で200万円稼ぐことができまして、
本当に自分の問題の9割はお金で解決するんだ、
ということを実感しました。

お金の事について書いた記事はこちらです。
自分の問題の9割は金で解決する。世の中は金である。

先日、こんなYoutube動画を見ました。
アメリカブラックフライデー時のセールで、
客同士がケンカしてる映像です。

バカですねー。
ホントにみみっちく感じます。

そもそもお金があれば、セールなんて行く必要ないですから。
お金持ちがこんなに人がウジャウジャいるアホセールなんて行きません。

だって、セールじゃなくたってお金があるから、
欲しい時に欲しい物を買えばいい。

セール品なんかでケンカするのは、貧民の証です。

また、こんな記事も読みました。
探偵ファイル~スパイ日記~/与沢翼と対決する男/渡邉文男

「与沢さんの135万円の情報商材を買って、
稼げないからお金返してください~」

バーカ。

もうね、ほんと氏ねばいいのに。

探偵ファイルは好きでよく見ていますし、
渡邉さんの記事は大好きなので、
探偵ファイルどうこうでは無いです。

なんか記事内の動画で叫んでる人。

稼げないのは、おまえが悪いからだよ。
というか、そもそも稼げる能力のある人間は、
情報商材なんて買わねーんだよ。

与沢さんを始め、土屋ひろしさんなど、
ヒルズ組は色々言われていますが、
ぼくはこの人たち好きです。

彼らは、ビジネスにおいて、もっともな事を言っています。
販売しているものが情報商材だから、色々言われるんでしょうけど。

大事なことは、彼らの言葉を聞いて、学んだあとに、
自分がどう行動するか、です。

全てにおいて言えることですが、
結果というのは、自分が行動した結果です。

情報商材なんてものに頼らなくても、
たとえば買ったとしても、その後に自分がどう行動するかなんです。

さて、
会社を起こし、代表取締役となったわけですが、
会社を起こすのにもけっこうなお金がかかるんです。

それはいくらか。

約30万円くらい掛かります。

法人設立に掛かるお金は3つに分けられます。

定款の認証に10万円、法人登記に15万円、備品の購入に5万円。

法人登記に必要な書類である定款、
この定款の収入印紙に5万円。
さらに、これを公証役場で認証してもらうのに、5万円。
合わせて10万円。

そして、法務局で法人登記に収入印紙15万円。

最後に、書類を整理するファイルや、ホチキス、製本テープ、
印刷用紙などなど、いろーんな物を揃えて5万円。

30万円って、サラリーマンの月給ですからね。
中途半端に会社起こすわけにいきません。

でもぼく、けっこう中途半端に起業しました。
それはなぜか。

実はぼく、多額のお金を得ることができました。
正直、30万円なんて屁でもないくらいに。

具体的な数字を言わないと判りづらいですね。

月に200万円です。
1ヶ月限りではないです。

200万円も稼いだら、30万円なんて屁でもないんです。

んで、実感したことは、
自分の問題、9割解決しましたよ、と。

ぼくは、サラリーマンと取締役という2足のワラジを履いてましたが、
所詮雇われの身。

給料なんてたかが知れてて、安月給。
ここも具体的な数字を出した方が良いですね。

サラリーマンと、取締役、合わせて25万円の給料でした。
ね、安月給でしょ。

まず実感したことは、
多額のお金を得ると、心に落ち着きと余裕が生まれます。
そして、自信がつきます。

ぼくは家賃7万円の都内マンションに住んでいるのですが、
1年分くらいまとめて払ってやろうかと思いましたよ。笑
1年分って言ったって、84万円。大したことないです。

それくらい、余裕と落ち着きが出来ます。

あー、お金ってこうやって稼ぐんだなぁ~って、
ようやく判りました。

以前、日本は英語とお金の教育はしてくれません、
と、このブログで書いたことがあります。

お金を稼いで改めて判りましたが、
やっぱり日本はお金の教育はしてくれなかったな、と。

これはほんとに、実際お金を稼いでる人から学ばないと、
絶対に判らないと思います。

ぼくは、ある一人の経営者の方に狙いを定めて、
とことんお金の稼ぎ方を学び、本質を捕え、
テクニックを盗みました。

お金を得る前に、たった1つだけ決めたこと。

それは、
一流になるためには、一流のマネをすること。
そして、三流の人間とは一切接触しないこと。

サラリーマンをやっていた時の人間とは、
社内にいながら一切接触を経ちました。

飲みにいくこと、ご飯を食べにいくこと、
話すことさえも。

社内の人間たちは、仕事において理想を並べるだけ並べて、
次にやることはその理想の「できない理由」を述べるのみ。

こいつらクソだなーって。

一流の人間は「どうやったらできるか」を考えます。
ぼくもそうなろうと思い、そういう三流の社内の奴らを見下し、
常にどうやったらできるか、のみを考えるようにしました。

とにかく、自分がいま出来ることに対して、
狙いを定めた、たった1人の経営者のアドバイスを
とことん聞きました。

その人がどんなに忙しそうにしていても、
自分がやったことに対して、どう思うか、どう感じるか。

いいですねー、というだけでなかなか本音を言ってくれないんです。
だけど諦めずに、
そういうのいらないんでハッキリ言って下さい、と、
とにかく本音を聞き出しました。

こういう事を繰り返していく内に、
自分が出来ることをお金に変えていくにはどうしたらいいか、
ということを、とことん学べました。

お金を稼ぐとですね、世界が変わります。
本当に一番実感したのは、落ち着きと余裕です。

お金の不安が無くなるというのは、こういうことかと。
欲しいものが買えるようになる、
というのはもちろんあると思いますが、
家賃とか食費に悩まなくて良い。さらには会社へ行かなくて良い。

あ!これはイケるかもしれない!
と思った瞬間から、ぼくは会社へは週1でしか通わなくなりました。

んで、週1でさえも電車に乗るのがダルかったので、
辞めました。

ま、ダルいんで辞めます、とは言わなかったですけど、
三流の人間たちと関わりたくなかったんですよね。

ケンカ別れしたわけじゃないので、
そこの会社の社長とは、いまでも相談に乗ってもらってます。

仕事も絡めれば、やってみたいと思っています。

お金を稼ぐとまず、それなりに良い物を着て、
きちんとした格好をしたくなります。

70万円する高級時計など、身に付けるものは、それなりのもの。
投資も200万円ほどしています。

それでも会社設立の資金に余裕がある。

なんかすごいんですよね、とにかく。

気をつけなければいけないことは、
人間の欲求というのは限度がありません。

70万円の時計を買ったなら、次は他の100万円する時計。
次は200万円、次は・・・と。

もし、お金を稼ぐことができたら、ここは特に気をつけてください。
稼げてない今のうちから、自分を戒めてください。

人間の欲求は計り知れません。底なしです。

ぼくは稼ぐ前から、徹底して欲求に関して戒めていました。
だから、稼いだ今でも、バカみたいなお金の使い方はしません。

どんだけ稼いでも、家賃7万円のマンションで、
夜8時にスーパーへ行き、
半額惣菜を狙って食事は質素にしています。

ただし、稼げたらぼくみたいに1回は欲求を解放してください。
とにかく今まで買えなかったものを買ってみる、
誰になにを言われようとも。

自分にご褒美とよく言いますが、
そんな感じで1回だけ欲求を解放してください。

あー、なんでも買えるようになったなー。
銀座のブルガリに3700万円の時計あったけど、
これも買えるようになるなー。

3500万円するフェラーリスパイダーも買えるなー。
って、さらなる自信をつけるためです。

雪だるま式に、どんどん自信をつけましょう。
自己投資です。

自信をつけすぎちゃって、ぼくはプロポーズしちゃいましたけど。笑
でも、そんなんで良いでしょう。

自信はあるに越したことないです。

人間、お金の悩みもたくさんありますが、
それと同時に自信が無い、という悩みもあります。

お金の悩みを解決したら、自信をつけましょう。
自信をつけたら何でもできます。

ぼくだってこの記事、
平日の昼間にセコセコ働いてるサラリーマンを尻目に、
喫茶店でのんびりコーヒー飲みながら書いていますから。

これも自信の1つです。

喫茶店のお姉さんがとても綺麗で、
連絡先聞いてみようかな~なんて思うのも自信の現れの1つです。

自信をつけるためにはお金を稼がにゃならん、
という話しになります。

どうやったらお金が稼げるのか。

世の中のお金、経済、しくみっていうのはですね、
警察、政治家、ヤクザ、で成り立っています。

まずは、これをきっちり理解すること。

三国志と同じです。
魏呉蜀、三者が互いに睨み合ってる、時には助けあう、
こういった状況であるからこそ、均衡を保っているわけです。

警察がヤクザを脅かすこともあれば、
ヤクザに助けてもらうこともあるでしょう。
その逆もまたしかり。

あっという間にお金を稼ぐ方法は、
警察、政治家、ヤクザ、この方達の逆鱗に触れないように、
法律スレスレの限りなくグレーなことをやることです。

綺麗ごとばっかり言う人、カッコばっかつける人、
イイヤツぶってる人、虎の威を借る狐な人、
お山の大将な人、
こういった人間は信用してはいけません。

グレーなことをやる、と言いましたが、
ぶっちゃけて言うとですね、
短期間で圧倒的に稼ぐならブラックなことをやることです。

ブラックなことというのは、パクられること、
法律に反すること、ということです。

オレオレ詐欺であったり、売春の斡旋であったり、
裏カジノであったり、こういうことがブラックです。

パクられる可能性は極大ですが、
短期間でとんでもない金額が稼げます。

全くなにも行動しないサラリーマンが白だとしたら、
逮捕されるようなことが黒です。

白から黒へ、グラデーションが掛かった線を思い浮かべてください。

白は全く稼げません。クソです。
黒は圧倒的に稼げますが、逮捕されます。

だから、グレーな部分を狙うのです。

グレーな部分とは具体的にいうと、
法律に反するかもしれないんだけど、まだ法が定められていなくて、
限りなく黒に近いこと、です。

普通の人は月給以上の多額のお金を手にすると、
欲求の赴くままに散財してしまいます。

ブランド品を買ったり、高級な食事をしたり、
友達に奢ったり。

これは絶対ダメです。
絶対にやってはいけません。

バカのすることです。

パチンコでトータルで見れば負けまくってるのに、
1回20万円くらい勝ったからって、散財するバカと同じです。

肝心なことは、お金を使ってお金を増やす、
ということをしなければなりません。

大きくお金を稼ぐときは、お金を使う必要があります。

これを投資、運用と言います。

よく色々なお金の本で言われていることですが、
お金を増やすには、節約するか運用するかの、どちらかになります。

要するに、
使わないで貯め続けるか、使って増やしていくか、
です。

そしてもう一つお金を稼ぐために覚えておかなければならないこと。

お金を増やすには、
出口を少なくして、入り口を増やすこと、です。

出口を少なくするとは、
浪費を抑えるということです。

友達や会社の人と愚痴を語り合う飲み会、
虚勢を貼るために買うブランド品、
これらは全て浪費です。

浪費という部分についても、
どういうことかお伝えしておきます。

お金を使う、これは3つのカテゴリに分けられます。
投資、消費、浪費、の3つです。

ここで考えることがもう一つ。
お金を使うことで得られる価値、です。

使う金額と、この価値をよく考えなければなりません。

使うお金の量と、価値、
これを器に乗せて計っている天秤を想像してください。

使う金額の方が重いと、使う金額の器が下に下がり、
価値の器が上に上がります。

これは、金額の方が重いので、価値が低いということになります。

これが浪費です。

愚痴を言い合う飲み会、身の丈に合わないブランド品など。
愚痴を言い合っても、なんの価値もありません。
なんの未来もありません。

この天秤がちょうどバランス良く真ん中に留まったら、
使う金額と価値のバランスが合っているということです。

これが消費です。
日常使うティッシュやトイレットペーパー、水道代、ガス代などです。

価値が重く、価値の器が下に下がったら、
価値の方が高い、ということになります。

これを投資、といいます。

お金を増やすには、
お金を使う前に常にこの天秤に掛け、
それは本当に価値があるのか無いのか、
これをきちんと考える必要があります。

ぼくは、この浪費を一切やめました。
だから、飲み会などにも一切参加しないようにし、
欲しいものも買わずに我慢しました。

要するにお金の出口を少なくしたのです。

入り口が少ない状況で出口が増えていったら、
お金は増えません。

なんの能力も無い人間が、楽にお金を増やすには、
投資をしなければなりません。

お金を稼ぐんだったら、
みんなと違うことをしなければいけません。

みんなと違うことをするには、
みんなと違う思考を持たなければなりません。

諦めずに、失敗を恐れずに、全てを失ってもいい、
と思ってやってたら、じょじょに稼げるようになったんです。

与沢さん達だって同じです。
秒速1億稼ぐなんて言ってましたけど、
最初っから1億稼げたわけじゃなかったはずです。

彼の生い立ちをYoutubeかなにかで見たことありますが、
最初はバイクの転売から始めたそうです。
しかも高校生の頃に。

それが結果どうだったかは知りませんが、
普通できますか、高校生がバイトではなく商売で稼ぐなんて。

彼は彼なりに考えぬいて、色々やってきたはずです。
稼いでる男としてフューチャーされてますが、
稼いできたからには、それ以上に辛い事がたくさんあったはずです。

彼はその辛い事も我慢して、耐えて、頑張ってきたはずです。

その辺の三流のヤツラなんて、
ちょっと辛い事があったらすぐに投げ出します。

20代のゆとり世代はもちろん、
30代や40代のジジイ達にしたって、
辛いことからすぐ逃げます。
辛いことと向き合いません。

だから、クソみたいなサラリーマンに落ちぶれてるわけです。
本当に稼いでやるんだ、という情熱があれば、
なにをやっても稼げるはずなんです。

我慢ができない、本気になってない、ダメな理由はこれだけです。

与沢さん達を詐欺だと言うのは構いません。
ぼくは彼らを尊敬しています。
売ってるものは情報商材で変な噂が立ちやすいけど、
言ってることは正しい。

やり方を間違えて稼げてなくても、誰も教えてくれません。
自分で気づくしかないのです。

ぼくもやり方を間違えていて、途中で気づきました。
お金というものについて。

そこに気づかなかったら、きっと今でも月給20万円程度で、
人生つまんねーなー、金はどうやったら手に入るんだろうなーって
考えてたはずです。

でも、途中で気づいたんです。

日本は、お金の教育はしてくれないと。

だったら、お金を学ぼう。

じゃあ、お金を学ぶにはどうしたら良いか。

お金に関する本をたくさん読みました。
その後に、稼いでるお金持ちに、
お金持ちになる方法を教えてもらいました。

教えてもらうと言っても、
手取り足取り教えてくれるわけではありません。

彼らお金持ちは、ヒントをくれるだけです。
そう簡単に教えてはくれません。

というか、そっくり教えてもらってもできません。
人それぞれ生き方や性格が違いますから。

絶対に稼げる、儲かる商売なんて無いのです。
自分で作り出すしか無いのです。

みんながそれイイネ!っていうことは、
きっと既に誰かが始めてます。

そしてそんな始めやすいことは、
長続きしないし、大して稼げません。

本当に稼げる商売というのは、ビジネスというのは、
みんなが反対するものです。

みんなが、それは絶対ダメだよ、失敗するよ、
というからこそ誰もやらない。

誰もやらないからこそ、そこに希望がある。

最近のビジネスでは、アプリゲームが流行っています。
有名どころだと、パズドラやモンスターストライクでしょうか。

パズドラは指で玉をグリグリ動かして、揃えて敵をやっつける。
モンストはビリヤードの要領で敵をやっつける。

ドラクエやファイナルファンタジー世代のぼくらとして、
果たしてこんなゲームが流行ると思っていたでしょうか。

絶対に、そんなのつまんないよ、って言ってたと思います。

確かパズドラはリリース前、いったん形になったあと、
製作者が自身の奥さんにやってもらって意見をもらい、
改良したそうです。

えーとなんだっけかな・・・。
玉が小さかっただっけかな、
玉の行数が1行少なかっただっけかな。。。

とにかく、ゲーム制作者では気づかない部分を、
ゲーム自体素人の奥さんが的確に意見をくれて、
改良していまの状態になったということです。

話しがずれましたが、誰でも思いつくような商売というのは、
長続きしないし、大して儲かりません。

誰でも反対するからこそ、成功の可能性があるのです。

やらずの後悔より、やって後悔です。
人間できないことは無い。

インターネットは文句を言うツールではなくて、
こういったように情報を供給していくツールだと思っています。

あー、もうこの記事1万字を超えました。
さすがに書いてて疲れました。

学んで欲しいことは、お金というものがどういうものか。
お金を稼ぐにはなにをしたら良いのか。

儲け話はインターネット上にたくさん転がってます。
物事の本質をきちんと見極めてください。

インターネットを使えば、一攫千金なんて簡単です。
誰でも楽に実現することが可能です。

やり方と運さえ味方につければ、誰でも楽に稼げます。

そして、稼げれば自分の問題の9割は解決します。

頑張ってください。
応援はしてません。笑

「外見にコンプレックスがある」, 「ブログで稼げない」, 「こころ」, 「やる気がわかない」の人気記事はこちら

ぼくが管理人の悠一です。

HN:悠一 1972年1月生まれ・男性・会社経営。
ブログ開設日は2013年10月21日

東京都世田谷区出身の一人っ子、親は共働きで寂しく育ってきました。一人っ子のため、ひきこもりがちで相談できる友達も少なく、いじめられたり、登校拒否をしたり、少年時代はあまり良い記憶がありません。高校生になってからもバイトは気だるくやり、女性もすごく苦手でした。

20代のころ、プログラマーとしてサラリーマンを始め、1年後にシステムを売る営業に移動。

そこで営業の勉強をしてたところ、「やらない後悔よりやって後悔」という言葉に刺激をうけ、3年やったサラリーマンを辞め、その日の夜に歌舞伎町のホストへ転身。実家住まいをしていたが、夜中にチャラチャラ出かけられると世間から変な目で見られると勘当され、歌舞伎町のホスト寮に住む。

仕事とはなんたるか、お金を稼ぐとは、接客業とは、女との接し方は、ということを徹底的に教わったのがホストです。ポンコツな自分でも、最高でNo.2にまでならせてもらい、月収は100万円くらいでした。

いろいろなことがありましたが、そんな経験を元に、仕事の仕方、お金の稼ぎ方、女性との接し方、いまの人たちに伝えていけたらと思い、ブログを書いています。

ぼくが得意としてるのは、女性に対する心づかいと、お金を稼ぐことです。

詳細プロフィールはこちら→
http://moteru40.net/profile

Facebookでファンを募集しています。

「いいね」を押して頂けますと、新しい記事をすぐに知ることができます。
(30人、こころ優しい方たちに押して頂けました。でもまだ寂しいですぅ~)
サブコンテンツ

このページの先頭へ