実は、青色申告より白色申告の方が税金が安くなることがある。脱税のススメ-バレると後ろに手が回る 大村大次郎

脱税、節税と聞いて、具体的なやり方を知らない人、多いです。
サラリーマンでも節税できる、と聞きますが、
節税できてる人はすくないです。

ぼくが会社を設立した理由、1つは節税のためです。
節税のやり方もわからないのに、設立しちゃいました。

そんなぼくが、いま、節税について勉強しています。

税金の仕組みなんて、知識がない状態で勉強してもよく判りません。
頭に入ってきません。
だったら、税金の仕組みを知りたいと思うために、
脱税の勉強からはじめました。

脱税の方法を学ぶなかで、
判らない税金用語がたくさん出てくるはずです。

そうすると、脱税をしたいから税金用語を覚えようとなります。

脱税のススメ

脱税のススメ

税金用語はさっぱり判らないけど、とにかく読んでみました。

ぶっちゃけ、脱税ってのは1億以上の税金逃れを指す言葉で、
1000万円以下だったら、関係ないってことが判りました。

目次

序章.知っておくべき脱税の基本

第1章.発覚率から見る脱税の手口

 手口1.収入除外
 手口2.経費の仮装
 手口3.在庫の除外
 番外編1.事実上の脱税
 番外編2.税目別脱税

第2章.巧妙化する脱税の最新事情

 手口1.海外移住を装った脱税
 手口2.宗教法人の脱税
 手口3.巧妙化する医者の脱税
 手口4.政治家の黒い脱税
 手口5.FX長者の脱税
 手口6.韓流スターの申告漏れ
 手口7.海外脱税の新たな手口
 手口8.海外で相続税を逃れる
 手口9.無申告を実践する
 手口10.相続税史上最大の脱税
 手口11.印紙税の珍しい脱税
 手口12.ヤミ金業者の脱税
 手口13.人材派遣業の脱税
 手口14.消費税の不正還付

第3章.知れば使える 節税対策最前線

 節税1.投資組合を使った逃税
 節税2.「財団」を設立する
 節税3.タックスヘイブンとは?
 節税4.税金の安い国で支払う
 節税5.タックスシェルター
 節税6.レバレッジドリース

第4章.”税金の万人”税務署を知る

第5章.ニュースから読み解く脱税学

 事例1.「人力舎」の所得隠し
 事例2.元プロ野球選手の申告漏れ
 事例3.海外居住を装った脱税
 事例4.借金に見せかけた生前贈与
 事例5.赤字に偽装した脱税
 事例6.税金優遇地の危機
 事例7.国税OBの申告漏れ
 事例8.国税調査官の脱税
 事例9.有名不動産会社の課税漏れ
 事例10.「かぶり屋」の脱税事件

おわりに.国民よ、もっと税金を知れ!

実は、青色申告より白色申告の方が税金が安くなることがある。

利益は、売上ー経費+在庫 となる
脱税の方法は3つ、
売上を少なく見せる(収入の除外)、
経費を多く見せる(経費の仮装)、
在庫を少なく見せる(在庫の除外)。

ほほぉ~と、一番興味を持って読めたのは、
第3章の節税関連。

財団法人や宗教法人。
とくにタックスシェルターの、
生命保険を経費にできる、というのは初めて知りました。

知り合いの社長が、高額な生命保険に入っていた理由が、
いまわかりました。
生命保険代をぜんぶ経費にできるためです。
満期になれば経費にしたお金がもどってくる。
すげー仕組み。

でも、ぼくはやらない。
だってこれって貯金だもん。

ぼくは攻撃的に投資に回していきたい。

タックスヘイブンも勉強になりました。

タックスヘイヴンに会社住所をおき、節税する場合は、
タックスヘイヴン国で事業をしている証明ができなければならない、
と聞いていました。

だけど、タックスヘイブン国で、
事業をしていると見せかけてくれる業者が存在するとのこと。

世の中知ってるヤツと知らないヤツは、差が大きい。
この言葉をあらためて感じた良書でした。

税金の勉強は、後回しにすればするほど、
多額の税金をはらうことになります。

起業したばかりで、税金を知らない若者、
サラリーマンでも節税できる系の本で全く効果のなかったおじさん、
今すぐこの本を読むことをオススメします。
脱税のススメ

「頭がわるい」, 「本を読んだ感想」の人気記事はこちら

ぼくが管理人の悠一です。

HN:悠一 1972年1月生まれ・男性・会社経営。
ブログ開設日は2013年10月21日

東京都世田谷区出身の一人っ子、親は共働きで寂しく育ってきました。一人っ子のため、ひきこもりがちで相談できる友達も少なく、いじめられたり、登校拒否をしたり、少年時代はあまり良い記憶がありません。高校生になってからもバイトは気だるくやり、女性もすごく苦手でした。

20代のころ、プログラマーとしてサラリーマンを始め、1年後にシステムを売る営業に移動。

そこで営業の勉強をしてたところ、「やらない後悔よりやって後悔」という言葉に刺激をうけ、3年やったサラリーマンを辞め、その日の夜に歌舞伎町のホストへ転身。実家住まいをしていたが、夜中にチャラチャラ出かけられると世間から変な目で見られると勘当され、歌舞伎町のホスト寮に住む。

仕事とはなんたるか、お金を稼ぐとは、接客業とは、女との接し方は、ということを徹底的に教わったのがホストです。ポンコツな自分でも、最高でNo.2にまでならせてもらい、月収は100万円くらいでした。

いろいろなことがありましたが、そんな経験を元に、仕事の仕方、お金の稼ぎ方、女性との接し方、いまの人たちに伝えていけたらと思い、ブログを書いています。

ぼくが得意としてるのは、女性に対する心づかいと、お金を稼ぐことです。

詳細プロフィールはこちら→
http://moteru40.net/profile

Facebookでファンを募集しています。

「いいね」を押して頂けますと、新しい記事をすぐに知ることができます。
(30人、こころ優しい方たちに押して頂けました。でもまだ寂しいですぅ~)
サブコンテンツ

このページの先頭へ