ホストが監禁殺人までするのか。野口愛永さん殺人事件。犯人の井出裕輝くんについて。

ホストは売り掛け回収のために手段は選ばない。勢いあまって殺してしまったのも頷ける。

こんにちは、管理人の元ホスト悠一です。

千葉・18歳少女殺害の事件被害者野口愛永さん。
ホストクラブのツケを払えず、追い込みをかけられたのかも、という記事を読みました。

中野翔太の犯行動機は?井出裕輝や野口愛永との関係は?

以下、上記リンクより引用。

被害者の野口愛永さんは、生前ホストクラブに通い詰めており、行方不明になる直前には、常連ホストクラブの「ツケ」を払うことができずに、バックレたとされています。

そのため、ホストクラブは血眼になって野口さんを探していたことでしょう。

ここからは、推測の域を出ませんが…

仮に、井出(20)の先輩がこのホストクラブで働いていたとしたら、ホストクラブが井出に報酬をちらつかせて、野口さんを探させていた可能性が浮上します。

これらは上記筆者の言うとおり推測ではありますが、その推測に対して元ホストが考えるに、可能性はあります。
勢いあまって殺してしまった、うなづけますね。

ホストクラブでいう「ツケ」とは、「売り掛け」「カケ」と言ったりします。この「カケ」は、ホストクラブにおいては日常のことです。カケ金額はホストによって様々ですが、多い人は500万~600万円、1000万円なんて人もいます。

ぼくの所属していたホストクラブにおいても、No.1の人は500万円くらい毎月「カケ」があったのではないかと思います。ぼくは、そのバックレが怖かったので「カケ」は一切させませんでした。だからNo.2より上に行けなかったのだと思います。

カケはその月中に回収できれば問題ありませんが、回収できないとホストの自腹となります。カケをすることでホストの成績となるのは良いのですが、正直、よっぽど信用しているお客さんでないかぎりカケはさせません。なぜなら、バックレられたら、飛ばれたら自腹になるからです。

そしてその自腹となる金額を担当ホストが払えなかったら、今度はホストクラブの代表からホスト自身が追い込みをかけられます。

当時、ぼくが所属していたホストクラブのホストでも、お客さんが飛んでしまうことはありました。
飛ばれたときにどうするか、本人に連絡がつかなければお客さんの家族を巻き込みます。
飛ばれたときのために、もちろん身分証明の記録をとったり、家族への連絡先は聞いておきます。

ホストクラブは夜の水商売ということもあり、表に出られない人、表に出せない情報、たくさんあります。
全ての真実を書くことはできないのですが、その回収手段たるもの、凄まじかったです。

法外な値段を請求せざるを得ないので、家族に連絡をすると相手先の親御さんはかなり怒ります。
ただし、そこは夜の世界のホスト。恐喝罪にならないように冷静に親御さんを追い込みます。
その追い込み方は、もうヤクザだな、っていうくらい上手であり、非常に怖かったです。

追い込むからといって、監禁、暴行、ましてや殺人までは・・・。
うーん。ぼくも上のクラスのホストの状況について、こと細かには知らないので、断言はできませんけど。でももし、殺したってことになれば、納得してしまう部分もあるかもしれません。
これ以上は書けないや。

結論として、最初に書いたとおり、ホストクラブのカケが原因であれば、勢いあまって殺してしまったこともうなづける。
ただ、ひとつ言えるのは、自業自得。被害者も加害者もね。

被害者へは、
売り掛けしておいて逃げちゃダメっしょ。

加害者へは、
回収できないほど売り掛けさせちゃダメっしょ。

「女性との接し方がわからない」, 「時事問題を斬ってみた」の人気記事はこちら

ぼくが管理人の悠一です。

HN:悠一 1972年1月生まれ・男性・会社経営。
ブログ開設日は2013年10月21日

東京都世田谷区出身の一人っ子、親は共働きで寂しく育ってきました。一人っ子のため、ひきこもりがちで相談できる友達も少なく、いじめられたり、登校拒否をしたり、少年時代はあまり良い記憶がありません。高校生になってからもバイトは気だるくやり、女性もすごく苦手でした。

20代のころ、プログラマーとしてサラリーマンを始め、1年後にシステムを売る営業に移動。

そこで営業の勉強をしてたところ、「やらない後悔よりやって後悔」という言葉に刺激をうけ、3年やったサラリーマンを辞め、その日の夜に歌舞伎町のホストへ転身。実家住まいをしていたが、夜中にチャラチャラ出かけられると世間から変な目で見られると勘当され、歌舞伎町のホスト寮に住む。

仕事とはなんたるか、お金を稼ぐとは、接客業とは、女との接し方は、ということを徹底的に教わったのがホストです。ポンコツな自分でも、最高でNo.2にまでならせてもらい、月収は100万円くらいでした。

いろいろなことがありましたが、そんな経験を元に、仕事の仕方、お金の稼ぎ方、女性との接し方、いまの人たちに伝えていけたらと思い、ブログを書いています。

ぼくが得意としてるのは、女性に対する心づかいと、お金を稼ぐことです。

詳細プロフィールはこちら→
http://moteru40.net/profile

Facebookでファンを募集しています。

「いいね」を押して頂けますと、新しい記事をすぐに知ることができます。
(30人、こころ優しい方たちに押して頂けました。でもまだ寂しいですぅ~)
サブコンテンツ

このページの先頭へ