本を買うとき、アマゾンやネットのレビューは参考にするな。

本当に大切な本って、人やアマゾンやネットで評判良かった本じゃない。

実家も含めて持ってる本は400冊。とくに自分のためになってる本はアマゾンではなく、本屋で買った数冊の本。本屋で買った本は、事前にネットなんかで調べず、そのときたまたま手に取って良さそうな本だなーと思った本。

結局アマゾンやネットで評判が良い本って、万人ウケする本なわけです。万人ウケはするんだけど、とことん自分には響いてこない。なんとなくは響くんだけど、これといって響かない。本の内容もありきたりだからかもしれないんだけど、結局アマゾンやブログなどでも人のチカラを受けて選んだ本なわけで、自分で選んだ本ではない。

自分で選んだ本じゃないから響かない。理由はこれ。

本当に人生に悩んだとき、本当に仕事に悩んだとき、アマゾンやネットを見ずにフラフラッと本屋へ行った方がよい。そこで朝から日が暮れるまで本を手にとって、これだ!って思える本に出会えるまでとことん探そう。オレもさっき1年ぶりに開いた本、当時は意味がわからなかったけど今ようやく意味がわかった。

でもその本はアマゾンで買った本じゃない。

ネットで事前に調べた本じゃない。

自分のチカラだけで選んでつかみ取った本、知識。

いま口コミサイトがたーくさんあるけど、本に限らず、レストランやサービス、評判に騙されず自分のチカラで見つけて、自分の感覚を大切にしよう。ステマや偽記事なんかが氾濫してるクソみてーな世の中。そんなものクソ。

自分で使うものは、自分で選ぼう。評判なんて気にするな。たとえ周りが良くないと言っても、自分にとっては最高のものだったりする。

もうネットに騙されるな。

「頭がわるい」, 「本を読んだ感想」, 「日常の問題を解決したい」の人気記事はこちら

ぼくが管理人の悠一です。

HN:悠一 1972年1月生まれ・男性・会社経営。
ブログ開設日は2013年10月21日

東京都世田谷区出身の一人っ子、親は共働きで寂しく育ってきました。一人っ子のため、ひきこもりがちで相談できる友達も少なく、いじめられたり、登校拒否をしたり、少年時代はあまり良い記憶がありません。高校生になってからもバイトは気だるくやり、女性もすごく苦手でした。

20代のころ、プログラマーとしてサラリーマンを始め、1年後にシステムを売る営業に移動。

そこで営業の勉強をしてたところ、「やらない後悔よりやって後悔」という言葉に刺激をうけ、3年やったサラリーマンを辞め、その日の夜に歌舞伎町のホストへ転身。実家住まいをしていたが、夜中にチャラチャラ出かけられると世間から変な目で見られると勘当され、歌舞伎町のホスト寮に住む。

仕事とはなんたるか、お金を稼ぐとは、接客業とは、女との接し方は、ということを徹底的に教わったのがホストです。ポンコツな自分でも、最高でNo.2にまでならせてもらい、月収は100万円くらいでした。

いろいろなことがありましたが、そんな経験を元に、仕事の仕方、お金の稼ぎ方、女性との接し方、いまの人たちに伝えていけたらと思い、ブログを書いています。

ぼくが得意としてるのは、女性に対する心づかいと、お金を稼ぐことです。

詳細プロフィールはこちら→
http://moteru40.net/profile

Facebookでファンを募集しています。

「いいね」を押して頂けますと、新しい記事をすぐに知ることができます。
(30人、こころ優しい方たちに押して頂けました。でもまだ寂しいですぅ~)
サブコンテンツ

このページの先頭へ