5.面倒くさい記事ほど、ブログ記事の重みは増す。

情熱を注ぐ記事を書くのは時間がかかり、
非常に面倒くさいです。

ただし、面倒くさい記事であればあるほど、記事の重みは増します。
逆に情熱を注いでいない記事というのは、
マイナスの効果も生み出す可能性があります。

集客をしようとしたのに、
つまらない記事を書いたせいで客が離れていってしまったなど。

ある派遣求人サイト制作に携わった時です。
サイト制作も終わり、おつかれさまでした的にお客様のもとへ行ったとき、
フェイスブックやツイッター、ブログなんかでも集客したいんだよね、
と仰られました。

オレは、そんだけ色々やるのも良いですが、毎日更新できますか、
毎日更新できないのであれば、やらない方が良いです、とお伝えしました。

たとえば、ブログなどを実際に始めたとして、
月1や3ヶ月に1回更新をするとします。
見てほしいから、おそらくその求人サイトからもリンクを貼るでしょう。
リンクを貼った先のブログやFBがほとんど放置状態だったらどう思いますか。
なんだ、放ったらかしじゃん、放置じゃん。

マイナスイメージしかないです。
お客さんを呼ぼうとしてるのに、
逆にせっかく来てくれたお客さんの信頼度を大きく下げてしまいます。
だったらやらない方が良い。

ただし、本当に毎日更新できるのであれば、
相乗効果を生み出すのは間違いありません。

その派遣求人サイトであれば、どんなブログがいいかな・・・。
どんな人が面接に来て、どんな会社へ行って、どんな事があったか、
良かった事、嫌だった事、なぜそんな事が起きたか、
原因は、対策は、結果は、派遣した方との接し方は、フォローは、
この辺の裏事情的な事を包み隠さずガッツリ書けばイメージアップでしょう。

失敗した事を記事にするのはマイナスイメージが付くと思われがちですが、
実はとても大きなプラスイメージなんです。
建前だけ書いてるんじゃなく、失敗したことも包み隠さず書く、
これがまた信頼度が高まります。

よくその会社の社長の日常を書いてるブログなんかありますが、
よっぽど有名な社長さんじゃない限り、どうでもいいです。
部下の社員の日常や、会社行事なんかもどうでもいいです。

大事なことはお客様となりえる人に対して、どのように接しているかということ。

会社としてどんな事をしてるのかを、
社長目線でちょっとフランクに書くと良いです。

「ブログで稼げない」の人気記事はこちら

ぼくが管理人の悠一です。

HN:悠一 1972年1月生まれ・男性・会社経営。
ブログ開設日は2013年10月21日

東京都世田谷区出身の一人っ子、親は共働きで寂しく育ってきました。一人っ子のため、ひきこもりがちで相談できる友達も少なく、いじめられたり、登校拒否をしたり、少年時代はあまり良い記憶がありません。高校生になってからもバイトは気だるくやり、女性もすごく苦手でした。

20代のころ、プログラマーとしてサラリーマンを始め、1年後にシステムを売る営業に移動。

そこで営業の勉強をしてたところ、「やらない後悔よりやって後悔」という言葉に刺激をうけ、3年やったサラリーマンを辞め、その日の夜に歌舞伎町のホストへ転身。実家住まいをしていたが、夜中にチャラチャラ出かけられると世間から変な目で見られると勘当され、歌舞伎町のホスト寮に住む。

仕事とはなんたるか、お金を稼ぐとは、接客業とは、女との接し方は、ということを徹底的に教わったのがホストです。ポンコツな自分でも、最高でNo.2にまでならせてもらい、月収は100万円くらいでした。

いろいろなことがありましたが、そんな経験を元に、仕事の仕方、お金の稼ぎ方、女性との接し方、いまの人たちに伝えていけたらと思い、ブログを書いています。

ぼくが得意としてるのは、女性に対する心づかいと、お金を稼ぐことです。

詳細プロフィールはこちら→
http://moteru40.net/profile

Facebookでファンを募集しています。

「いいね」を押して頂けますと、新しい記事をすぐに知ることができます。
(30人、こころ優しい方たちに押して頂けました。でもまだ寂しいですぅ~)
サブコンテンツ

このページの先頭へ