ブルガリ好きなら知っておかなければならないことをまとめてみた。

ハイブランドの中でも、特に大好きなブルガリをまとめてみました。

ブルガリのスペルはなぜ「V」なのか

20131118_01_008

ブルガリのアルファベットスペルっておかしいですよね。
「BVLGARI」
本来であれば「BULGARI」となりそうです。
これは、現スペルの2つ目、Uが無かった時代に作られたブランドのため、
「U」を「V」と表記せざるを得なかったそうです。

130年の歴史を持つ、意外と古いブルガリ

20131118_01_007

宝飾品屋さんとして1884年に創業し、130年の歴史があります。
実はブルガリの歴史って古いんです。
エルメス1837年、
ルイヴィトン1854年、
ブルガリ1884年、
シャネル1910年、
プラダ1913年、
グッチ1921年、
クロエ1952年、
アルマーニ1975年。

シャネルやプラダより古いんですね~。

ブルガリのコンセプト

ブルガリのコンセプトは3つ。
蛇、コイン、ブルガリブルガリです。
ヘビは意外に知られていないんですが、もっともブルガリを象徴するものです。
昔流行りました、手首に3重に巻き付くヘビの時計。
2007年にオープンした銀座のブルガリタワーにも巨大なヘビが巻き付いており、
夜にはイルミネーションでライトアップされます。
20131118_01_009

ブルガリといえば時計、香水、キーリング

20131118_01_010

ブルガリといえば、時計、香水、キーリングが有名です。
一番最近で流行ったものは、ネックレスにしてたキーリングでしょうか。
みんなしてましたね。
キーリング自体の用途は、その名の通り、鍵を束で付けておくものなんです。
30,000円くらいで買え、それほど高くも無いのでバーッと流行りましたね。
ちなみに、今はもうダサいので付けないようにしましょう。

ブルガリの時計シリーズ

20131118_01_011

ブルガリの時計も芸術品のように素敵ですね。
シリーズは、ブルガリブルガリ、ディアゴノ、
アショーマ、エルゴン、レッタンゴロ
があります。
ぼくもロレックスより、ブルガリの時計を持つことの方が夢です。
また、ブルガリの時計つけてる人ってオシャレですね。

ブルガリの偽物の見分け方

ありません。
最近のコピー品は良く出来ており、パッと見で判断するのは難しいでしょう。
ハイブランド品は直営店以外では買うべきではありません。
新品でこそ、そのものが持つオーラがあります。

ブルガリは、スタンダードアイテム以外は大量生産しないので、
WEBに載っていないものが直営店にはたくさんあります。

楽天で見るだけにして、買う時は直営店に行きましょう。
[540]画像を見るだけでもうっとりしてしまうジャックロードのブルガリ

ブルガリの店舗 東京都 直営店 14店

東京都には直営店が14店あります。
お台場、丸の内、二子玉川、六本木、新宿、日本橋、池袋、渋谷、町田、立川、羽田空港、自由が丘、表参道、銀座

銀座

大きな地図で見る

お台場

大きな地図で見る

丸の内

大きな地図で見る

二子玉川

大きな地図で見る

六本木

大きな地図で見る

新宿

大きな地図で見る

日本橋

大きな地図で見る

池袋

大きな地図で見る

渋谷

大きな地図で見る

町田

大きな地図で見る

立川

大きな地図で見る

羽田空港

大きな地図で見る

自由が丘

大きな地図で見る

表参道

大きな地図で見る

ブルガリ 2013年11月のコレクション画像

20131118_01_001

20131118_01_002

20131118_01_003

20131118_01_004

20131118_01_005

20131118_01_006

ブルガリ好きでも意外と知らないことがありました。
ただ単に綺麗なだけじゃなく、熟練した職人たちの歴史が積み重なって今があります。
店員さんに話しを聞きにいくのも、歴史を深く知ることができて楽しいです。

「ファッションが気になる」の人気記事はこちら

ぼくが管理人の悠一です。

HN:悠一 1972年1月生まれ・男性・会社経営。
ブログ開設日は2013年10月21日

東京都世田谷区出身の一人っ子、親は共働きで寂しく育ってきました。一人っ子のため、ひきこもりがちで相談できる友達も少なく、いじめられたり、登校拒否をしたり、少年時代はあまり良い記憶がありません。高校生になってからもバイトは気だるくやり、女性もすごく苦手でした。

20代のころ、プログラマーとしてサラリーマンを始め、1年後にシステムを売る営業に移動。

そこで営業の勉強をしてたところ、「やらない後悔よりやって後悔」という言葉に刺激をうけ、3年やったサラリーマンを辞め、その日の夜に歌舞伎町のホストへ転身。実家住まいをしていたが、夜中にチャラチャラ出かけられると世間から変な目で見られると勘当され、歌舞伎町のホスト寮に住む。

仕事とはなんたるか、お金を稼ぐとは、接客業とは、女との接し方は、ということを徹底的に教わったのがホストです。ポンコツな自分でも、最高でNo.2にまでならせてもらい、月収は100万円くらいでした。

いろいろなことがありましたが、そんな経験を元に、仕事の仕方、お金の稼ぎ方、女性との接し方、いまの人たちに伝えていけたらと思い、ブログを書いています。

ぼくが得意としてるのは、女性に対する心づかいと、お金を稼ぐことです。

詳細プロフィールはこちら→
http://moteru40.net/profile

Facebookでファンを募集しています。

「いいね」を押して頂けますと、新しい記事をすぐに知ることができます。
(30人、こころ優しい方たちに押して頂けました。でもまだ寂しいですぅ~)
サブコンテンツ

このページの先頭へ