これからの時代はAQ( 逆境指数 )が評価される。Adversity Quotient の調べ方や方法。

こんにちわ。

いままで、IQという「知能指数( Intelligence Quotient )」が
人を評価する指標としてありました。
IQは、有名ですね。

次に、EQという「心の知能指数( Emotional Intelligence Quotient )」が
評価されてきました。
感情に関わる部分ですね。
感情的になりやすい人は経営に向いてませんからね。

そしてこれからは、AQという「逆境指数( Adversity Quotient )」が評価されます。

簡単にいうと、

大きな悲劇から小さな怒りまで、あらゆる種類、レベルの逆境に対応するための行動パターンのこと

引用元:[624]IQ,EQ,AQ ヘッドハンター思う

です。

また、AQを構成する要素は4つあります。

コントロール( Control )、責任( Ownership )、影響の範囲( Reach )、持続時間( Endurance )

引用元:[624-2]AQ -逆境指数 | 人材マネジメント用語集

さらに、人はその逆境への対処方法で、
「脱落組」「キャンパー」「登山家」の3タイプに分けられます。

企業に属する従業員の80%以上は「キャンパー」であり、
逆境が重なると、逃げ出したり、現状に安住しようとする。

今、組織で求められるのは、
直向きに頂上を目指す登山家タイプの人材であると言われている。

引用元:[624-3]AQ -逆境指数 | 人材マネジメント用語集

またAQは、低い方から次のように分類されている。

レベル1「エスケープ(Escape)」試練に直面すると逃避(Escape)する
レベル2「サバイブ(Survive)」なんとか生存(Survive)する
レベル3「コープ(Cope)」ただ単に対処(Cope)する
レベル4「マネージ(Manage)」逆境を管理(Manage)し、解決しようとする。
レベル5「ハーネス(Harness)」慈養(Harness)し、逆境を栄養源にさらなる成長をする。

引用元:[624-4]AQ -逆境指数 | 人材マネジメント用語集

IQEQのように、簡単なテストで数値を測る方法はWEBには無いようです。
このような本、「[624-5]すべてが最悪の状況に思えるときの心理学―AQ逆境指数
には、数値を測る方法が載っているようです。

ちなみに、IQEQの調べ方です。
IQ:[624-6]IQtest.dk
EQ:[624-7]こころの知能指数・EQテスト

逆境に対する能力。
問題解決能力という風にも言えそうですね。

逆境を楽しみ、成長するというのはかなりすごい人ですね。

ちなみに、いままでのぼくは1ですwwww
めんどいなーって思ったら、グッバイするタイプですwww

今は、敬愛する人の教えもあって、難しいことがあっても
できないや無理という言葉は使いません。

逆境に対して、無理やできない、ではなく、
どうしたらできるのか、これを考えるべきですね。

これからは、その人はいかに問題を解決できる能力があるか、
こういった部分に目が当てられるようです。

「やる気がわかない」, 「小さなことで悩む」の人気記事はこちら

ぼくが管理人の悠一です。

HN:悠一 1972年1月生まれ・男性・会社経営。
ブログ開設日は2013年10月21日

東京都世田谷区出身の一人っ子、親は共働きで寂しく育ってきました。一人っ子のため、ひきこもりがちで相談できる友達も少なく、いじめられたり、登校拒否をしたり、少年時代はあまり良い記憶がありません。高校生になってからもバイトは気だるくやり、女性もすごく苦手でした。

20代のころ、プログラマーとしてサラリーマンを始め、1年後にシステムを売る営業に移動。

そこで営業の勉強をしてたところ、「やらない後悔よりやって後悔」という言葉に刺激をうけ、3年やったサラリーマンを辞め、その日の夜に歌舞伎町のホストへ転身。実家住まいをしていたが、夜中にチャラチャラ出かけられると世間から変な目で見られると勘当され、歌舞伎町のホスト寮に住む。

仕事とはなんたるか、お金を稼ぐとは、接客業とは、女との接し方は、ということを徹底的に教わったのがホストです。ポンコツな自分でも、最高でNo.2にまでならせてもらい、月収は100万円くらいでした。

いろいろなことがありましたが、そんな経験を元に、仕事の仕方、お金の稼ぎ方、女性との接し方、いまの人たちに伝えていけたらと思い、ブログを書いています。

ぼくが得意としてるのは、女性に対する心づかいと、お金を稼ぐことです。

詳細プロフィールはこちら→
http://moteru40.net/profile

Facebookでファンを募集しています。

「いいね」を押して頂けますと、新しい記事をすぐに知ることができます。
(30人、こころ優しい方たちに押して頂けました。でもまだ寂しいですぅ~)
サブコンテンツ

このページの先頭へ