管理人プロフィール

20131119_01_005

HN:悠一 1972年1月生まれ・男性・会社経営。
ブログ開設日は2013年10月21日

東京都世田谷区出身の一人っ子、親は共働きで寂しく育ってきました。

一人っ子のため、ひきこもりがちで相談できる友達も少なく、いじめられたり、登校拒否をしたり、少年時代はあまり良い記憶がありません。高校生になってからもバイトは気だるくやり、女性もすごく苦手でした。

20代のころ、プログラマーとしてサラリーマンを始め、1年後にシステムを売る営業に移動。そこで営業の勉強をしてたところ、「やらない後悔よりやって後悔」という言葉に刺激をうけ、3年やったサラリーマンを辞め、その日の夜に歌舞伎町のホストへ転身。

実家住まいをしていたが、夜中にチャラチャラ出かけられると世間から変な目で見られると勘当され、歌舞伎町のホスト寮に住む。仕事とはなんたるか、お金を稼ぐとは、接客業とは、女との接し方は、ということを徹底的に教わったのがホストです。

ポンコツな自分でも、最高でNo.2にまでならせてもらい、月収は100万円くらいでした。

当時のホスト業界、No.2で月収100万円はかなり少ない方です。ぼくがいたホストクラブのNo.1は、月収1000万円を何回も叩きだしてました。

ホストは実入りがよくなるとそのぶん後輩たちの面倒を見たり、女の世話をしたりと支出も多くなります。毎月100万円稼いでいましたが、そのほとんどを使わざるを得ませんでした。

ホストは夜の仕事。男の仕事の中でも頂点にある仕事だと自負しています。特に歌舞伎町は頂点の仕事であるホスト業界の中でもさらに頂点です。

夜の水商売は、日本の裏側を見ることができます。お金の動き、警察、ヤクザとの付き合い方、報道されないニュース、報道とは違う芸能人のニュース。

ホスト時代は金も女もイイ想いはたくさんさせてもらいました。すべて偽りのものでしたが。順調に見えた仕事も、カラダを壊したためホストは1年ほどで辞めました。

その後、システムプログラマーに戻ったり、花屋をやったり、宅配便をやったり、テキ屋をやったり、適当に転職してました。最終的にWEB屋さんでお世話になり、いろいろなことが重なり独立し、いまはたった1人ぼっちの会社を経営しております。

いろいろなことがありましたが、そんな経験を元に、仕事の仕方、お金の稼ぎ方、女性との接し方、いまの人たちに伝えていけたらと思い、ブログを書いています。
ぼくが得意としてるのは、女性に対する心づかいと、お金を稼ぐことです。

仕事の仕方と性格

昔やった適正診断から一部引用しています。

仕事:組織、企業で働くより、独立した仕事が向くタイプ
性格:ちゃっかりクールなデジタルタイプ
内向性:■■□□□
外向性:■■■■■

組織、企業で働くより、独立した仕事が向くタイプ

企業などの組織に属するより、独立して仕事する方が向いている。
ポジティブで個性的な性格なので、大きな夢にチャレンジしたい。
新しいベンチャー系の仕事を立ち上げたり、
自分で考えたり企画する仕事などで自分を活かすことができるはず!
自分を活かしたい分野を決めて、
納得いくまでチャンレンジすれば自然と道は開けるはず。
自分に足りない部分、相手への気配りを学びたい。

ちゃっかりクールなデジタルタイプ

考え方はポジティブでいつもクリエイティブだけど、
白黒付けないと気が済まないので、
結果として周囲に対する配慮や優しさに欠けることがよくあります。
自分の好みがはっきりとしていて、好きな仕事なら自信が持てる。
組織の中では同僚や部下、後輩からは独立してしまうことがよくある。
人間関係ではどうしても自分の好みと論理が優先になりがちで、
それが通る環境では上手くいくが、人情や義理がからむ世界では自分の個性が活かせない。

そして、伝説へ・・・www

この年になり、オヤジ化していく自分に嫌気がさしました。これからモテるオヤジになるため、できることから挑戦していきます。

最近は、プライベートジムへ行って外見を鍛え、カウンセリングをして頂き、中身を鍛えたりしています。

目標は、モテモテで女性にもお金にも不自由しなく、全ての人に手を差し伸べることができる経営者になることです。

女とお金に不自由しなければ、何が起こってもドンと構えていられ、余裕が生まれます。
余裕があれば、人生ハッピー!Don’t worry, Be happy !!

サブコンテンツ

このページの先頭へ