先日、合コンをした。30代後半から40代後半にかけての、シングルマザー(以下シンママ)の女性たちだ。もともとは、僕が出会い系で知り合った奈緒というシンママがおり、彼女からの紹介だ。奈緒は37歳で子供が2人いるシンママだ。奈緒とはえち済みである。

奈緒や、奈緒のシンママ友だちいわく、シングルマザーが海外移住をするのに、お金も英語も必要ない、ということだ。今回、合コンしたシンママの中にも海外移住に成功し、一時的に日本に帰国していたシンママも多かった。

出会い系にはシンママさんは少なからずいる。いや多いかもしれない。そのシンママの中でも2つに分かれる。教育に熱意がある人、ない人。お金持ち、貧乏な人。お金持ちな人の理由は、ほとんどが旦那さんの浮気や不倫による慰謝料を得たことだ。また、その慰謝料を使い、ビジネスを成功させている人もいる。

教育に対する熱意の有無と、お金に対する余裕の有無は、たぶん、比例する。教育に熱心な人はお金持ち、教育をおざなりにしている人は貧乏、だ。もしかしたら、逆なのかもしれない。お金を持っているから教育に熱意が持てる、貧乏だから教育までお金をまわすことができない。

僕が合コンをするのは、ほとんどが前者だ。お金に余裕があり、教育に熱心なシンママたち。先日の合コンにおいても、教育熱心なシンママさんたちばかりだった。もちろん男と女の話しもするのだが、仕事や教育の話しもする。

もうだいぶ前から言われていることではあるけれども、日本にずっといても未来は暗い。どうしても海外に目を向けねばならず、それは仕事でも教育でも同じだ。僕は子供がいないので教育のことは判らないが、シンママさんたちと話していると、教育においても海外に目を向けている。それは海外留学や海外移住だ。

特に、日本に未練がなく、むしろ元旦那や元旦那の親戚がいることが億劫となり、日本から出たい、と考えるシンママも多い。留学ではなく移住だ。海外移住と聞くと大それた風に聞こえるが、実はそれほど難しくはないようだ。

というのも、留学や移住は人生においてかなり大きなイベントだ。結婚や引っ越しよりも大きいイベントだろう。だからお金も掛かるし時間も掛かる。失敗は出来ない。今回、シンママさんたちから好評だったのが、英語を使ったキャンプ、ボーイスカウトみたいなものだ。

けっこう参加したシンママさんたちが多く、とても楽しいらしい。もちろん、英語を学べるというのが第一の目的ではあるのだが、何よりも子供が喜ぶとのこと。短期間に集中して色々なことに挑戦するため、英語の知識、海外における知識、英語を話すチカラ、英語を聞くチカラ、全てが急激に上がるとのこと。

ただ、1回だけ参加してそのままだと、せっかく吸収した知識などは無くなってしまう。キャンプに参加したら、その勢いで一気に海外移住してしまうのも良いらしい。で、ここだけの話し、キャンプにはお金持ちの独身男性や、裕福なシングルファザー(シンパパ)さんも多いらしく、新しい出会いの場としても良いとのこと。

子供に対する教育、自分自身への自己投資、こういったことにお金や時間を使っている人は、信用がおける。パチンコや風俗にハマる男性は、こういうことはやらない。

イングリッシュブートキャンプは1ヶ月先まで予約でいっぱいなのが普通らしい。

毎週のように英語キャンプは行なっているので、空席、残席があったら、早めに予約をしておくことをオススメする。僕もそう遠くないうちに参加してみようと思う。

来週、37歳シンママ奈緒と会う予定だ。彼女も子供の教育に熱心だ。熱心だからこそ魅力的でもあり、少し寂しくなる時がある。僕より子供を優先することがあるからである。奈緒を含め、向上心の高いシンママさんたちは声を揃えて言う。

シングルマザーが海外移住をするのに、お金も英語も必要ない。

さて、奈緒とたくさん、えちえちえちえち、たくさんえちするぞー♪

ぼくが管理人の悠一です。

HN:悠一 1972年1月生まれ・男性・会社経営。
ブログ開設日は2013年10月21日

東京都世田谷区出身の一人っ子、親は共働きで寂しく育ってきました。一人っ子のため、ひきこもりがちで相談できる友達も少なく、いじめられたり、登校拒否をしたり、少年時代はあまり良い記憶がありません。高校生になってからもバイトは気だるくやり、女性もすごく苦手でした。

20代のころ、プログラマーとしてサラリーマンを始め、1年後にシステムを売る営業に移動。

そこで営業の勉強をしてたところ、「やらない後悔よりやって後悔」という言葉に刺激をうけ、3年やったサラリーマンを辞め、その日の夜に歌舞伎町のホストへ転身。実家住まいをしていたが、夜中にチャラチャラ出かけられると世間から変な目で見られると勘当され、歌舞伎町のホスト寮に住む。

仕事とはなんたるか、お金を稼ぐとは、接客業とは、女との接し方は、ということを徹底的に教わったのがホストです。ポンコツな自分でも、最高でNo.2にまでならせてもらい、月収は100万円くらいでした。

いろいろなことがありましたが、そんな経験を元に、仕事の仕方、お金の稼ぎ方、女性との接し方、いまの人たちに伝えていけたらと思い、ブログを書いています。

ぼくが得意としてるのは、女性に対する心づかいと、お金を稼ぐことです。

詳細プロフィールはこちら→
http://moteru40.net/profile