情熱を注いだブログ、記事は、人の琴線に触れる事ができます。
これが情熱を注いだブログに命が吹き込まれるという意味です。

感動させるだけじゃなく、嫌悪感を抱かせるのも、
ある意味琴線に触れるということになります。

人の感情を動かす事が大事です。

昔、ヨモギダくんのオヤジさんが、
人は汗をかいた分だけお金になる」と言っていましたが、
オレはそうは思いません。
否定してるわけじゃないんですが、
汗をかかなくても人を感動させればお金になると思っています。

これはブログに限ったことではありません。

ミュージシャンは曲が売れれば印税ですごい収入になります。
これは曲が売れたから儲かったのではなく、
その曲により多くの人を感動させたから、
その結果、大きな収入になったわけです。

役者さんも同じ。
そのドラマが大ヒットしたから大きな収入になったわけではなく、
その演技により多くの人を感動させたからです。
ドラマでいえば脚本家さんや演出家さん、作曲家さんたちも同じ。

今まで出会ったお金持ちや尊敬できる経営者の方たちも同じだと思っています。
なにをやっているのか詳しいことは判りませんが、
きっと多くの人を感動させてきたから今があるんだろうなと。

実際、そういう経営者の方たちと話しをすると、
自分の琴線に触れる言葉や、出来事を聞くことが多々あります。

で、感動させることが大きな収入となる、
オレがまだ収入が無いのは、まだ人を感動させることができてないからです。

これからやろうとしてることで
人を感動させることができるのかな。

月に200万円稼いで判ったこと。やっぱり自分の問題の9割はお金で解決する

あっという間にお金を稼ぐ方法は、警察、政治家、ヤクザ、この方達の逆鱗に触れないように、法律スレスレの限りなくグレーなことをやることです。綺麗ごとばっかり言う人、カッコばっかつける人、イイヤツぶってる人、虎の威を借る狐な人、お山の大将な人、こういった人間は信用してはいけません。

グレーなことをやる、と言いましたが、ぶっちゃけて言うとですね、短期間で圧倒的に稼ぐならブラックなことをやることです。
続きはこちら ≫

ぼくが管理人の悠一です。

HN:悠一 1972年1月生まれ・男性・会社経営。
ブログ開設日は2013年10月21日

東京都世田谷区出身の一人っ子、親は共働きで寂しく育ってきました。一人っ子のため、ひきこもりがちで相談できる友達も少なく、いじめられたり、登校拒否をしたり、少年時代はあまり良い記憶がありません。高校生になってからもバイトは気だるくやり、女性もすごく苦手でした。

20代のころ、プログラマーとしてサラリーマンを始め、1年後にシステムを売る営業に移動。

そこで営業の勉強をしてたところ、「やらない後悔よりやって後悔」という言葉に刺激をうけ、3年やったサラリーマンを辞め、その日の夜に歌舞伎町のホストへ転身。実家住まいをしていたが、夜中にチャラチャラ出かけられると世間から変な目で見られると勘当され、歌舞伎町のホスト寮に住む。

仕事とはなんたるか、お金を稼ぐとは、接客業とは、女との接し方は、ということを徹底的に教わったのがホストです。ポンコツな自分でも、最高でNo.2にまでならせてもらい、月収は100万円くらいでした。

いろいろなことがありましたが、そんな経験を元に、仕事の仕方、お金の稼ぎ方、女性との接し方、いまの人たちに伝えていけたらと思い、ブログを書いています。

ぼくが得意としてるのは、女性に対する心づかいと、お金を稼ぐことです。

詳細プロフィールはこちら→
http://moteru40.net/profile